秋の味覚もまい足しで 美味しくヘルシーに!減塩!!

なぜ減塩? なぜ減塩?

減塩のイメージとして、料理は味が薄い、満足感がない、などのネガティブな印象も…。
約8割の人が健康を意識して、食事の「塩分」を気にしています。
一方で、実際に何か減塩対策をしている人は半分以下。

減塩のイメージ 減塩のイメージ

味が薄い、満足感がない、おいしくなさそう

あなたは食事の「塩分」を気にしていますか? あなたは食事の「塩分」を気にしていますか?

塩分意識調査結果グラフ

実際に何か【塩分対策】を行っていますか? 実際に何か【塩分対策】を行っていますか?

塩分対策調査結果グラフ

日本人の塩分摂取量の現状 日本人の塩分摂取量の現状

日本人の塩分摂取量の現状

厚生労働省が示す「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、ナトリウムの摂取目安量は、食塩相当量にすると1日に成人男性で8.0g、成人女性で7.0g未満とされています。ところが、実際の平均摂取量は、男性11.1g、女性9.4gという調査結果(平成25年国民栄養調査)に。

雪国まいたけが提案する減塩テクニック! 雪国まいたけが提案する減塩テクニック!

味噌や醤油を減らしたり、減塩商品に置き換えたりするのは大変!!
雪国まいたけはいつものメニューに旨みまいたけをプラスすることで旨み減塩をお手伝い!!

その1 だしをきかせる だし一覧

だしの旨み成分が効いていると、薄味でも物足りなさを感じません。

その2 旬の食材を使う 旬の食材たち

旬の野菜は調味料いらず、と言われるほど!!

その3 カリウムを摂る カリウムとナトリウムの関係性

カリウムがナトリウムを引き寄せ体内へ排出!!

きのこ特有の旨み成分で減塩! きのこ特有の旨み成分で減塩!

まいたけをはじめとするきのこ特有の旨み成分グアニル酸!

多くのきのこ類はグアニル酸を含み、昆布のグルタミン酸、鰹節のイノシン酸と並ぶ三大旨み成分。旨み成分は組み合わせることで、旨みが飛躍的に強くなることが知られています。さらに、だしの旨みが効いていると、塩分を減らしても物足りなさを感じません。

旨みと秋の食材

摂りすぎた塩分はカリウムで塩分(ナトリウム)を排泄!! 摂りすぎた塩分はカリウムで塩分(ナトリウム)を排泄!!

カリウムは摂取した塩分(ナトリウム)の排出を促す働きがあります。

体内の塩分を水分と一緒に尿として体外に排出してくれるカリウムは、野菜はもちろんきのこ類にもたくさん含まれています。さらに、カリウムは旨み水に溶けやすいので煮汁ごと食べられる汁物や炊き込みごはんが理想的な調理方法!

ナカリウムがナトリウムを引き寄せ体内へ排出

美味しい!減塩レシピ 美味しい!減塩レシピ

雪国きのこの鮭とさつま芋の炊き込みご飯
雪国きのこの鮭とさつま芋の炊き込みご飯 雪国きのこの鮭とさつま芋の炊き込みご飯

きのこの美味しさに加え、昆布だしと鮭の旨みで塩分控えめの炊き込みご飯。

作り方はこちら

材料

雪国まいたけ極 1パック
雪国しめじ恵み 1パック
鮭(生) 1切
さつま芋 1/2本
にんじん 1/4本
2合
だし昆布 5cm角
適量
A
醤油 小さじ1
大さじ1
小さじ1

  • 1雪国きのこは食べやすい大きさにさく。
  • 2鮭は2cm幅に切り、さつま芋(皮付き)、にんじんは銀杏切りにする。
  • 3炊飯器に米と①、②、だし昆布、A、水(2合の目盛りまで)を入れて炊飯する。
  • 4炊き上がったら、全体を切るように混ぜ合わせ、器に盛ってできあがり。
印刷する
雪国きのこの鮭とさつま芋の炊き込みご飯
雪国きのこの鶏ひき肉と山芋の炊き込みごはん 雪国きのこの鶏ひき肉と山芋の炊き込みごはん

ベースの白だしと鶏肉&山芋の旨みで塩分を控えても美味しく。

作り方はこちら

材料

雪国まいたけ極 1パック
雪国えりんぎ 1パック
鶏ひき肉 120g
山芋 100g
にんじん 1/4本
長ねぎ 1/2本
2合
白だし 大さじ1.5
水量 適量
お好みで
万能ねぎ、粉山椒

  • 1雪国まいたけ極は食べやすい大きさにさき、雪国えりんぎは短冊切りにする。
  • 2山芋、にんじんは短冊切り、長ねぎは千切りにする。
  • 3炊飯器に米と①、②、鶏ひき肉、白だし、水(2合の目盛りまで)を入れて炊飯する。
  • 4炊き上がったら、全体を切るように混ぜ合わせ器に盛り、お好みで万能ねぎ、粉山椒をちらしてできあがり。
印刷する
雪国きのこの牛肉とごぼうの炊き込みごはん
雪国きのこの牛肉とごぼうの炊き込みごはん 雪国きのこの牛肉とごぼうの炊き込みごはん

きのこ、牛肉、ごぼうの旨みで塩分控えめの炊き込みご飯に!

作り方はこちら

材料

雪国まいたけ極 1パック
雪国しめじ恵み 1パック
牛肉(切り落とし) 100g
ごぼう 1/4本
にんじん 1/4本
黒コンニャク 1/2枚
2合
適量
お好みで
三つ葉
A
醤油 大さじ1.5
みりん 大さじ1
和風だし(顆粒) 小さじ2

  • 1雪国きのこは食べやすい大きさにさく。
  • 2牛肉はザク切りにしてザルにのせ、サッと熱湯をかける。
  • 3ごぼうはささがきにして水にさらし、にんじんは千切りにする。黒コンニャクは短冊切りにして熱湯をかけてアクを抜く。
  • 4炊飯器に米と①、②、③、A、水(2合の目盛りまで)を入れて炊飯する。
  • 5炊き上がったら、全体を切るように混ぜ合わせ器に盛り、お好みで三つ葉をのせてできあがり。
印刷する
雪国きのこたっぷり豚汁
雪国きのこたっぷり豚汁 雪国きのこたっぷり豚汁

たっぷりきのこと野菜を使用して旨みアップで減塩に!
さらに、三大旨味成分の相乗効果で減塩でも満足な一品に!

作り方はこちら

材料

雪国まいたけ極 1パック
雪国しめじ恵み 1パック
雪国えりんぎ 1パック
豚バラ肉 150g(3cm幅のスライス)
こんにゃく 1枚(茹でて手でちぎる)
ごぼう 1本(薄く斜め切り)
大根 1/3本(いちょう切り)
にんじん 1本(半月切り)
長ねぎ 1本(青部分は小口切り、白部分は1cmのぶつ切り)
5カップ
味噌 適量
ごま油 大さじ1/2
七味唐辛子 少々

  • 1鍋にごま油を熱し豚バラ肉を炒める。色が変わってきたら食べやすい大きさにさいた雪国きのこ、ごぼう、大根、にんじん、こんにゃくを加え炒める。それぞれに油が回ったら、水を加える。
  • 2アクを取りながら15分ほど煮たら、ねぎを加えひと煮立ちさせ、味噌を加える。
  • 3お椀に盛り、ねぎをのせ、お好みで七味唐辛子をかけてできあがり。
印刷する
雪国きのこと里芋のとろみ汁
雪国きのこと里芋のとろみ汁 雪国きのこと里芋のとろみ汁

きのこと里芋の旨みで減塩!
さらに、薄味でも里芋のとろみが舌にとどまる為、
味を強く感じるようになります。

作り方はこちら

材料

雪国まいたけ極 1パック
雪国しめじ恵み 1パック
里芋 3個
にんじん 1/4本
絹さや 4枚
3カップ
和風だし(顆粒) 小さじ1
味噌 大さじ1.5

  • 1雪国きのこは食べやすい大きさにさく。
  • 2里芋、にんじんは半月切りにする。
  • 3鍋に水、和風だし、②を入れて火にかけ、具材に火が通ったら①を加え軽く火を通し、味噌を溶き加える。
  • 4③をお椀に盛り、サッと茹でた絹さやをのせてできあがり。
印刷する