チャー活とはあくなき探究心をもって、自分だけの最強オリジナルチャーハンをついきゅうしつづけること。その喜びを仲間と分かち合う行動を表す 2022年6月より味の素 「Cook Do® 香味ペースト®」 presents「#チャー活」として展開。※味の素株式会社による造語。
最 強 炒 飯
分 か ち 合 う

チャー活レシピ

味の素「CooK Do®香味ペースト®」を活用した
雪国まいたけの最強チャーハンをご紹介いたします!

images

雪国まいたけ極盛り香味チャーハン

ポイント

まいたけに含まれる「食物繊維」で健康に。
キノコに含まれるβ-グルカンは食物繊維の一種であり、健康維持に役立つと言われています。

レシピを見る

材料2人分

  • 雪国まいたけ極

    2パック

  • 長ねぎ

    1/2本

  • 2個

  • サラダ油

    大さじ2

  • ご飯

    400g

  • 醤油

    大さじ1

  • バター

    10g

  • CooK Do®
    香味ペースト®

    24cm(17g)

作り方

  1. 雪国まいたけ極は大ぶりにさく。長ねぎはあらみじん切りにする。ボウルに卵を割ほぐす。
  2. フライパンにサラダ油(大さじ1)を熱し、①の溶き卵を入れ半熟状になったら、ご飯、①の長ねぎを加えてよく炒め合わせる。
  3. ②に「香味ペースト」を加え、炒め合わせたら皿に盛る。
  4. 同じフライパンにサラダ油(大さじ1)を熱し、①のまいたけを炒め、醤油で味を調えたら③の上に盛り付け、バターをのせてできあがり。
images

雪国まいたけ極のあんかけ香味チャーハン

ポイント

「まいたけ×鶏ひき肉×小松菜」で旨味の相乗効果。
まいたけの旨味成分「グアニル酸」と具材の異なる旨味の食べ合わせでコクが増します。

レシピを見る

材料2人分

  • 雪国まいたけ極

    2パック

  • 小松菜

    1/2束

  • 2個

  • サラダ油

    大さじ1

  • ご飯

    400g

  • CooK Do®
    香味ペースト®

    24cm(17g)

【あんの材料】

  • 鶏ひき肉

    150g

  • サラダ油

    大さじ1

  • 水溶き片栗粉

    (片栗粉大さじ2を水100ccで溶く)

  • 醤油

    小さじ1

  • 小さじ1

  • 砂糖

    小さじ1

  • 150cc

  • CooK Do®
    香味ペースト®

    6cm(4.3g)

作り方

  1. 雪国まいたけ極は大ぶりにさく。小松菜は塩ゆでしたら水にさらし、良くしぼって水気をきり、みじん切りにする。ボウルに卵を割りほぐす。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、①の溶き卵を入れて半熟状になったら、ご飯、①の小松菜を加えてよく炒め合わせる。
  3. ②に「香味ペースト」を加え、炒め合わせたら皿に盛る。
  4. 同じフライパンにサラダ油を熱し、鶏肉と①のまいたけを炒め、合せたAを加えて軽く煮たら、水溶き片栗粉でとろみを付け、③の上にかけてできあがり。
雪国レシピをもっとみる

雪国まいたけ×味の素で料理をもっとおいしく!

雪国まいたけ「極」

雪国まいたけ「極」

雪国まいたけは可食部100%
手でさけるので調理も
簡単・ラクチンです!

まいたけ本来の風味を大切に考え、自生するまいたけに近い大きな株を約三ヶ月かけて育てています。
美味しさにこだわった大株ならではの太いクキと、肉厚で大きなカサのシャキシャキの食感を是非ご賞味ください。

雪国まいたけをもっと詳しく 雪国まいたけをもっと詳しく
「CooK DoR香味ペーストR」

「CooK Do®香味ペースト®」

家庭では作れないおいしさ!
うま味とコクがアップした
手軽なチューブタイプ

鶏のだしをベースに、こがしニンニク油などの香味油と調味料を配合したペースト状の調味料。炒飯、スープ、肉野菜炒めなどの中華料理が、これだけで家では作れないおいしさに仕上がります。

「CooK Do®香味ペースト®」をもっと詳しく 「CooK Do®香味ペースト®」をもっと詳しく
味の素レシピサイトをもっと見る

「まいたけ」の食物繊維で健康維持!

チャーハンは美味しいけど、気になるのが糖質。食後、血糖値が急上昇(血糖値スパイク)すると体脂肪がつきやすくなります。
食物繊維(β-グルカン)は、現在ではほとんどの日本人に不足している食品成分ですが、まいたけには多く含まれています。
まいたけを使って上手に美味しく食習慣を改善しましょう。

images
images

監修管理栄養士 水谷俊江 先生

女子栄養大学栄養科学科専攻出身、管理栄養士。一般社団法人日本ソイフードマスターにおける栄養指導監修や会員向けメルマガ執筆の他、ダイエット指導企業の商品開発、メディアの番組制作協力、腸内細菌検査結果の腸活アドバイサー業務に携わる。