会社案内

沿革

年月事項
1983年7月株式会社雪国まいたけを設立し、五十沢工場新設により、まいたけの生産販売を開始
1986年6月本社新築により、新潟県南魚沼市余川89番地に移転
1986年10月第1バイオセンターを南魚沼市水尾新田に新設し、まいたけの生産を開始
1988年10月株式会社雪国商事を設立し、当社の各センターで使用する重油等の仕入れ及び一般消費者ヘガソリン等の販売を開始
1989年9月第2バイオセンターを南魚沼市浦佐に新設し、まいたけの生産を開始
1990年4月大平もやし店の営業権を譲受け、もやしの生産販売を開始
1991年8月有限会社今町興産(現・株式会社今町興産)を設立し、培地副原料の製造を開始
1992年8月新本社及び本社パッケージセンターを新築移転
1994年3月当社株式を新潟証券取引所の地域産業育成部へ上場
1994年9月第3バイオセンターを南魚沼市新堀新田に新設し、まいたけの生産を開始
1995年9月五泉バイオセンターを五泉市中川新字郷屋原に新設し、まいたけの生産を開始
1996年5月まいたけ水煮の自社生産による販売を開始
1996年11月株式会社ゼネラルバイオブースを設立し、もやしの生産部門を子会社化
1997年4月まいたけエキスを凝縮した健康食品「MDフラクション」の製造販売を開始
1998年3月株式会社トータクを株式取得により子会社とし、加工食品の製造販売に進出
2000年3月新潟証券取引所と東京証券取引所の合併に伴い東京証券取引所市場第二部に上場
2000年10月ユキグニマイタケコーポレーションオブアメリカを設立し、海外事業に進出
2002年3月五泉バイオセンターでぶなしめじの生産を開始
2002年5月第4バイオセンターを南魚沼市津久野に新設し、えりんぎの生産を開始
2003年3月ユキグニマイタケマニュファクチヤリングコーポレーションオブアメリカを設立
2004年6月第5バイオセンターを南魚沼市山崎新田に新設し、ぶなしめじの生産を開始
2004年9月株式会社ゼネラルバイオフーズが株式会社平成興業と合併し、株式会社雪国バイオフーズに商号を変更
2009年11月「雪国やさい革命」シリーズのカット野菜の製造販売を開始
2011年1月滋賀パッケージセンターを滋賀県蒲生郡竜王町に新設し、カット野菜の製造を開始
2011年12月長春雪国高榕生物技術有限公司の出資持分を100%取得
2012年2月長春雪国高榕生物技術有限公司の社名を雪国舞茸(長春)生物技術有限公司に変更
2015年6月株式会社BCJ-22の完全子会社になり、東京証券取引所市場第二部における当社の上場廃止
2015年10月株式会社BCJ-22を存続会社として同社と合併し、同日株式会社雪国まいたけに商号変更
2016年8月株式会社雪国バイオフーズの株式を株式会社サラダコスモへ譲渡
2017年9月株主構成の変更(ベインキャピタル51%、株式会社神明49%)
2018年1月株式会社BCJ-28を存続会社として同社と合併し、同日株式会社雪国まいたけに商号変更
2018年4月株式会社雪国商事及び株式会社今町興産を吸収合併
2018年4月株式会社雪国まいたけ西日本より、九州及び沖縄県における当社製品の販売事業を譲り受け、販売を開始
2018年9月滋賀パッケージセンターにまいたけ包装工場を新設し、まいたけの包装を開始
2019年1月株式会社トータクを吸収合併
ページの先頭へ