プレスリリース

プレスリリース詳細

雪国まいたけ×新潟薬科大学
まいたけ機能性の研究成果を発表!便秘改善と血糖値上昇抑制
2013年10月23日アグリビジネス創出フェア2013@東京ビッグサイト

報道関係者各位

平成25年10月16日(水) 株式会社雪国まいたけ

 株式会社 雪国まいたけ(本社:新潟県南魚沼市/代表取締役:大平喜信 以下、弊社)は、本年10月23日(水)~10月25(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催されるアグリビジネス創出フェア2013に出展し、マイタケの繊維とマイタケに含まれるα-グルカンの機能性について新潟薬科大学佐藤眞治教授との共同研究の結果を発表致します。
 弊社では、アグリビジネスフェア2013を通じて、マイタケから得られる機能性素材の研究や製品開発のさらなる発展を目指してまいります。

機能性1)まいたけの繊維で便秘改善

 今回発表するまいたけの新効能は、新潟薬科大学との共同研究から生み出したものです。マイタケの繊維は、現在販売している機能性食品、MDフラクション®の製造過程で得られたもので、便秘傾向な成人女性において良好な整腸作用を示しました。

機能性2) 血糖値の上昇も抑制

 マイタケに含まれるα-グルカンは、新鮮なマイタケから抽出したもので、マイタケの貯蔵多糖と考えられますが、糖尿病モデルラットに長期摂取させたところ血糖値の上昇を抑制しました。その他、マイタケの栽培あるいは抽出方法を変えることにより、機能性が変化することを紹介いたします。

プレゼン日程

 10月23日(水)A会場:14時30分~14時50分@東京ビッグサイト
 マイタケ繊維とα-グルカンの機能性についてのプレゼンテーションを予定しております。

新潟薬科大学 佐藤眞治教授

<職歴>
ニューヨーク州立大学バッファロー校 博士研究員 (1987~)
富山医科薬科大学 薬学部 教務職員(1989~)
新潟薬科大学 薬学部 助手(1990~)
新潟薬科大学 応用生命科学部 助教授(2003~)
新潟薬科大学 応用生命科学部 准教授(2007~)
新潟薬科大学 応用生命科学部 教授(2012~)

<研究分野・領域>
1. 食品分析学:糖質分析、アミノ酸・ペプチド分析
2. 食品機能科学:低GI食品

<研究課題>
課題:メタボリック症候群を予防する機能性食品の機能評価

<新潟薬科大学 佐藤眞治教授 食品分析学研究室>
メタボリック症候群の発症予防に効果を発揮する機能性食品の機能評価を行っています。
■アグリビジネス創出フェア公式HP http://agribiz-fair.jp/
アグリビジネス創出フェア2013は全国の産学の各機関の有する農林水産・食品分野などの最新技術や研究成果を展示やプレゼンテーションなどで分かりやすく紹介し研究機関間や研究機関と事業者との連携を促す場として開催する「技術・交流展示会」です。

<開催概要>
名称:アグリビジネス創出フェア2013(Agribusiness Creation Fair 2013)
開催日時:2013年10月23日(水) ~10月25日(金)の3日間 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト東6ホール
〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
(りんかい線「国際展示場」駅下車 徒歩7分、ゆりかもめ「国際展示場正門」駅下車徒歩3分)
主催:農林水産省
入場料:無料
展示規模:200団体(予定)
予定来場者数:35,000人(目標)

<お問い合わせ先> 株式会社 雪国まいたけ
営業本部(広報担当) 森本
TEL 03-3373-3572 FAX 03-3373-3537

ページの先頭へ