プレスリリース

プレスリリース詳細

〜「雪国まいたけ」滋賀パッケージセンター稼動〜
カット野菜「雪国やさい革命シリーズ」の全国販売開始

平成23年1月18日(火)

株式会社雪国まいたけ(本社:新潟県南魚沼市/代表取締役社長:大平喜信)ではこのたび、カット野菜「雪国やさい革命シリーズ」(2009年11月より販売)の西日本エリアにおける販路拡大と高まる需要増に対応すべく、2011年1月17日より新工場「滋賀パッケージセンター」(滋賀県竜王町)を稼動、新たに中四国、九州地区への販売を開始します。

「雪国やさい革命シリーズ」は、自社の「きのこ」「もやし」をメインの素材として、これまでのカット野菜の課題であった「割高感の解消」を図り、仕入れた野菜に関しても農薬検査をはじめとした「雪国まいたけ安全システム」に対応、商品の安全性を開示することで着実にユーザー層を拡げ、販売数量を伸ばしてきました。

カット野菜市場は今後も拡大の一途をたどることが予想されますが、このたびの新工場稼動に伴い、従来の工場と合わせ当面は全国で日量20万パックの供給体制となります。これにより全国のお客様に「雪国まいたけ」ブランドのカット野菜の経済性と安全性、利便性を実感し、ご満足いただけるものと考えています。

「雪国やさい革命」シリーズは現在5種類の商品ラインナップとなっていますが、家庭で調理するメニューの大半をカバーできるよう、今後も、順次アイテムを増やしていく予定でおり、当社のカット野菜を使うことの利便性を多くのお客様に実感していただき、将来的にはカット野菜を日常的に使うことが一般的となるよう、今後も次々と新たな試みを展開していきます。

問い合わせ先:株式会社 雪国まいたけ
マーケティング部

ページの先頭へ