プレスリリース

プレスリリース詳細

~安全を、安心を。「雪国まいたけ安全システム」~
残留農薬検査、重金属検査の結果を一般公開

平成20年2月22日

株式会社雪国まいたけ(本社:新潟県南魚沼市/代表取締役:大平喜信)は、従来から実施していた「きのこ」「もやし」等の残留農薬検査・重金属検査の結果を製品に記載されている製造番号などで携帯電話ならびにホームページ上で確認できるサービスを2月23日(土)から順次開始します。3月中旬までに主要アイテムすべてに対応していきます。 当社では、「きのこ」「もやし」の栽培過程において農薬等(殺菌剤、カビ防止剤、成長促進剤等)は一切使用していませんが、平成9年より社内に残留農薬検査の専門部署を設け、あらゆるリスクを想定し、安全な製品を確実に提供するべく検査技術の開発を行ってきました。

現在、228種類の農薬と8種類の重金属について分析をしており、出荷前の「雪国まいたけ」「雪国えりんぎ」「雪国ぶなしめじ」「雪国もやし」に対して、それぞれ包装工場の一日分を1ロットとして、合計8ロットを年間365日体制で検査を実施しています。 昨今、輸入食品の薬物混入による人的被害が発生し、大きな問題となっています。また、国内でも食品ならびに食品添加物等の危険性を示唆する書籍が多数出版されており、国産の「きのこ」や「もやし」に関しても栽培過程で法律上、使用が認められていない農薬、その他薬品等の使用をしているところがあるとの記述もあります。当社に対しても農薬等の使用に関する問い合わせが多数あるなど、国民意識が、もはや「国産食品イコール安全」ではなくなりつつあると危惧しています。

こうした食品安全を巡る不信感が社会現象となっている状況を踏まえ、5年前より取引先に対して適時行っていた検査証明書の発行を、消費者の皆様にも検査結果をリアルタイムにご確認いただくことで「安全」をよりレベルアップしたかたちで提供、顧客満足につながるものと判断し、この度、検査結果の公開に踏み切ることにしました。 継続して、社員の「安全」に対する意識向上を図るためのシステムを強化し、また現在行っている残留農薬検査、重金属検査、各種衛生検査体制をより拡大し、さらにレベルアップしたトレーサビリティの開示を半年後を目標に進めてまいります。

問い合わせ先:株式会社 雪国まいたけ
マーケティング部
TEL:(025) 778-0128
FAX:(025) 778-0125
e-mail: h-tsushima@maitake.co.jp

ページの先頭へ