• HOME>
  • Q&A>
  • きのこ料理に関するQ&A

きのこ料理に関するQ&A

まいたけについて

まいたけについてえりんぎについて

調理の際、洗った方が良いのですか?教えてください。
まいたけに含まれる成分は、健康維持に重要な働きをすると各方面で注目されていますが、この成分は水溶性なので洗ってしまうと溶け出してしまいます。
雪国まいたけでは皆様が安心して召し上がれるよう(※)、そして栄養素を無駄なく摂っていただくため、洗わずに調理していただく努力をしています。
どうしても、気になるときは流水にサッと潜らせる程度にしてください。※栽培するための原料や水の重金属検査や微生物検査にはじまり、品質検査などの製品検査を行い、出荷しています。また、栽培に農薬や化学肥料は使用していません。
「包丁で切る・手で裂く」で栄養素に違いがでますか?
栄養素に違いはでません。
調理のポイントは、ありますか?
煮すぎ、炒めすぎは、まいたけの魅力である食感を損なうので気をつけてください。
例えば、味噌汁なら火を止める前に味噌と一緒に入れる程度で十分です。
「向いている料理法」を教えてください。
まいたけの栄養素は水溶性なので、調理したときに煮汁として溶け出してしまいます。ですから、煮汁も召し上がる鍋もの、みそ汁、炊き込みご飯などの料理が栄養素を無駄なく摂れるメニューと言えるでしょう。
また、まいたけは高熱に弱く、その栄養素は焦げてしまうと作用がなくなります。調理の際に焦げにくい料理方が良いと思います。
まいたけは油との相性が非常に良いので、炒め物や天ぷらもおすすめします。サッと油で調理することで、栄養素を壊すことなく風味も味わえます。
栄養上で良い食べ合わせはありますか?
まいたけには、食物繊維が多く含まれていますので、お野菜と同じくいろんなお料理に使っていただけます。

えりんぎについて

まいたけについてえりんぎについて

洗ってから調理するのですか?
本来のキノコが持つ味や風味をそのままお客様に味わっていただきたいという当社の理念に基づき、安全・安心を一番に考え、徹底した衛生管理に取り組んでいます。キノコに含まれる成分が流れ出ないよう、軽く流す程度を心がけてください。
えりんぎもまいたけ同様に、手でさけますか?
縦方向に簡単に裂くことができます。
どういう切り方が良いのでしょうか?
手で縦に裂くか、包丁で縦に切っていただいても良いですし、横にスライスしても良いと思います。縦切り横切りによって、歯切れ歯ごたえが違いますので、お好みのお料理に合わせてお使いください。
全部食べられますか? どこまで食べられますか? 捨てる部分はないのですか?
えりんぎはビンの中にオガ粉およびその他栄養物を加えて育てます。えりんぎを収穫するときに、そのオガ粉が下についていることがあります。そのオガ粉は食べられませんので、その部分を除いて調理を行ってください。それ以外はすべて食べられます。
料理方法を教えてください。
縦切り横切りによって、カサとクキ(柄)部分で歯切れ、歯ごたえが違いますので、お好みのお料理に合わせてお使いください。
例えば)
縦切り・・・炒めもの、煮物、汁物、パスタ、鉄板焼きやバーベキュー。
横切り・・・炒めもの、パスタなどの洋食。
和食や中華はもちろん、洋食もおすすめです。いろんなお料理でお試しください。
加熱する時間はどのくらいですか?
キノコの厚さにもよりますが、1〜2分程度の加熱で十分食べることができます。ある程度加熱しても、キノコ独特の歯ごたえは残っています。固め、柔らかめはお好みにより調節してください。
ページの先頭へ