メッセージ

雪国まいたけが目指すこと

きのこの機能性を追究し、健康ニーズに応える高品質な食品を提供していく。

雪国まいたけは、まいたけをはじめ健康に良い高品質な食品の提供を通じて、国民生活の充実と食文化の繁栄に貢献することを経営理念に掲げ、事業活動に取り組んでいます。

当社が「幻のきのこ」と呼ばれていたまいたけの人工栽培に成功したのは、1980年代後半のこと。天然まいたけが育つ深山の自然環境を再現したことが成功につながりました。それ以降、まいたけの量産化、流通ルートの開拓、品質管理体制の整備を進めるとともに、その技術・ノウハウをエリンギ、ぶなしめじの商品化にも活かし、事業基盤を強化してきました。

また、2019年には本しめじ、はたけしめじ、マッシュルームを製品ラインアップに加えるなど、「プレミアムきのこ総合メーカー」としての基盤確立に向けた取り組みを進めています。

雪国まいたけは、安全・安心を根幹に、きのこの持つ機能性を追究し、消費者の健康ニーズに応える高品質な製品をこれからも提供し続けてまいります。

ページの先頭へ