社長メッセージ

健康的で豊かな食生活の創出と、
健やかな社会の実現を目指して

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

当社がそれまで幻のきのこと言われていた、まいたけの人工栽培を実現したのが1980年代の事でした。以降、更なる品質向上を求め続け、2000年代に象徴的なプレミアムラインとして現在の「極」のもととなる製品を開発、2010年代半ばには、まいたけ全ての通常品を「極」へアップグレードする事に成功しました。

更に、白まいたけ、えりんぎ、ぶなしめじの生産も開始したほか、現在では、マッシュルーム、本しめじ、はたけしめじと、魅力あふれるきのこ製品のラインアップを拡充。「プレミアムきのこ総合メーカー」として強固な事業基盤を確立すると共に、国内外における人々の健康的な食生活を支え続ける一助となるべく、日々全社一丸となって取り組んでおります。

また、当社が作るきのこ製品には、森林資源や水資源など多くの自然の恵みが活かされており、これらの資源を守り育てる循環可能な調達サイクルの構築も進めております。

雪国まいたけはこれからも、安全・安心を根幹に社会的責任を果たしながら、自然が生み出す恩恵であるきのこの持つ健康機能性を更に追求します。そして、人と最先端技術による厳格な品質管理と安定生産によってそれをグローバルに展開し、あらゆるステークホルダーの皆様のご期待にお応えしつつ、持続的な成長と実り多い自然との共生を目指します。

今後とも、健康的で豊かな食生活の創出と、健やかな社会の実現に貢献すべく事業を推進してまいります。

変わらぬご支援を心よりお願い申し上げます。

2022年6月
代表取締役社長
湯澤 尚史