食の安全・安心への取り組み

お客様の笑顔のために、雪国まいたけは「安全」で「安心」してお使いいただける製品を全力でお届けいたします。

製品づくりのポリシー

雪国まいたけは、「良品で社会に貢献 生き甲斐のある職場」を社是として、また、「商品・製品の提供については、顧客の期待する品質・鮮度・安全性を満足させるものを目指します。自分が口にしたくないものは作りません。」を行動規範として、製品づくりをしています。

納得いく製品づくりのために

お客様が口にするものをつくる企業として、安全な製品づくりのための仕組みである「HACCP」を導入しています。原料の受け入れから製品の出荷までの各工程において食品危害を特定し、それぞれの危害が発生しないための対策をとっています。

【HACCPとは】
Hazard Analysis Critical Control Pointの略で、安全な食品を製造するために、製造工程ごとに何が危害となるかを分析(Hazard Analysis)して、重要な管理ポイント(Critical Control Point)を定めて、管理していく手法のことです。

当社では、「HACCP」を客観的に評価してもらうために、国際的な食品安全の規格である「ISO22000」の認証を取得しており、HACCPの運営を含む仕組みの継続的な改善を組織全体で達成すべく、取り組んでいます。

【ISO22000とは】
「HACCP」の原則・手順の運用を確実なものとするために、組織全体で実施すべき仕組み(マネジメントシステム)に求められる要求事項を定めた、食品安全の国際的な規格のことです。

イメージ

また、きのこ栽培は農業であるため、持続的な農業の管理運営に関わる国際規格である「ASIAGAP」の認証も取得しています。

【ASIAGAPとは】
日本語では「良い農業のやり方」と訳される「GAP(Good Agricultural Practiceの略)」の1つであり、日本発の国際規格です。食品安全のみならず、環境保全、労働安全、労務管理に対する要求事項が定められている規格です。

イメージ

工程ごとの取り組み

原料

原料へのこだわり

きのこは、木材を粉砕したおが粉などの植物由来の原料からつくられる培地を用いて栽培されます。きのこは、培地の栄養を吸い上げて成長するため、培地の安全性は大変重要と考えています。 培地の原料であるおが粉は100%国産であり、鉛やカドミウムといった重金属や、放射性物質の検査を行い、安全性を確認しています。

イメージ

栽培

衛生面での取り組み

作業者は、専用の作業着を身に付け、手洗い、アルコール消毒を徹底しています。 また、器具などの衛生状態を定期的に検査し、現場の改善に役立てています。

異物への取り組み

(1)毛髪が落ちないように頭を覆う帽子を被っています。
(2)製造現場に入るときは、粘着ローラーを掛け、エアシャワーを通過することで異物を除去しています。

フードディフェンスの一環として施設内に不審者が入り込むことがないように、施設の入場管理を徹底するとともに、作業者がルールを遵守しているか確認できるよう、入室時に画像を記録しています。

イメージ イメージ

包装

製品への異物検査

製品の製造ラインには、異物混入を発見するための装置を設置し、全数検査を実施しています。

イメージ

出荷

トレーサビリティーの取り組み

製品には製造記号が印字されており、製造記号から包装センター、包装ライン、栽培センターまで 追跡することができます。
また、お取引先や物流会社とも連動し、お客様が製品を買ったお店から、流通経路を追えるため、 製品の情報を速やかに収集し、お問い合わせへ迅速に対応できる体制を構築しています。

当社を離れてからの
管理もしっかりと

製品の配送や物流倉庫では10℃以下の冷蔵保管を徹底しています。

イメージ

お客様

安心への取り組み

定期的に行っているきのこの農薬検査、重金属検査、放射性物質検査の結果は、ホームページで確認できます。
雪国まいたけ安全システム

お客様の声を大切にしています

お客様相談室では、お客様とのコミュニケーションを大切にし、お申し出に対して迅速、かつ丁寧にお答えするように努めています。

イメージ
ページの先頭へ